首都圏の私鉄・地下鉄・バスの乗車券として、また買い物もできる「PASMO」が3/18からスタートしました。
更には、コンビニのセブンイレブンやスーパーのイトーヨーカドーを擁する、セブン&アイ・ホールディングスが「nanaco」を間もなく導入するなど、この時期は電子マネーが盛り上がっています。
また、スーパーのジャスコなどを運営するイオングループが「Suica」と「iD」の導入を始めたり、コンビニのローソンが全店で「iD」を導入したりなど、電子マネー対応の店舗が急激に増加しつつあります。
電子マネーの時代がいよいよやってまいりました。
ここでは、代表的な電子マネーサービスについて、そのしくみや使い方、種類について解説しています。

電子マネーって何?

電子マネーとは何か?広義では、現金を直接受け渡しせず、支払い情報のみが電子的にやり取りされる決済方法全般を指します。
ネット上でやり取りされる仮想マネーであるという意味でも使われているが、、最近CMやマスコミなどでよく見かける電子マネーは、もう少し限定的になっているようです。
話題の電子マネーは、ICチップを内蔵したカードや携帯電話を、読み取り装置にかざすことで、その中に保存された情報を読み取り、キャッシュレス、サインレスで決済を行うことができるタイプです。
カード決済する点では、従来のクレジットカ−ドも含まれると感じるかもしれませんが、従来のクレジットカードが磁気テープや接触型のICに記憶された個人情報を読み取っているのに対し、電子マネーは、無線通信による非接触型ICを採用しており、IC内に電子マネーの残高情報なども含まれているという点が、大きく違っています。
この非接触型ICは、ソニーが開発したFelica(フェリカ)というICチップがほとんどで採用されています。これをカードに埋め込んだものが、電子マネーカードとなり、携帯電話へ埋め込んだものが「おサイフケータイ」と呼ばれているわけです。すでに、交通機関の決済用カードや、おサイフケータイとして、かなり普及している電子マネーですが、ここにきて、その利用範囲が広がりを見せており、クレジットカード以上に利用頻度の高いものになりつつあります。
posted by SHU at 13:41 | 電子マネーって何?

電子マネーの便利なところ

基本的に、電子マネーは便利なことだらけです。普及率が高い、交通機関、特に鉄道用決済に使われる電子マネーで言えば、事前に行き先に応じたキップを購入する必要がなく、改札の読み取り機にカードやおサイフケータイを軽くタッチさせるだけで通過できます。
内蔵されるICに出発駅の情報が記憶され、降りた駅の改札を出るときに、自動的に区間料金がカード内の残高から決済されるしくみになっています。もう券売機の前で目的地までの料金を調べると言う手間は必要ありませんし、電車に乗っている最中に、行き先を変更しても、精算機の世話になることもありません。もちろん、定期券にも電子マネー機能が付属しているため、通勤や通学以外の外出時でも、キップを買う必要はなく、いつものように改札にカードをタッチさせるだけで通過できるというメリットもあります。

また、買い物の決済に使う場合は、レジで読み取り機にカードやおサイフケータイをタッチさせれば会計が済むので、代金の端数の小銭を探す必要もなく、釣りを間違って渡されるとったトラブルもなくなります。もちろん、ポケットの中で小銭がジャラジャラと音をたてるということもなくなるでしょう。現金をやり取りするよりも、会計ににかかる時間が短いので、レジの行列も少しは解消されると期待されています。

電子マネーの共通化や提携も進んでいるので、普及率の高い電子マネーを持っていれば、複数のカードを持ち歩く必要もなくなってきます。鉄道用の電子マネーで、コンビニやドラッグストアの会計もできてしまうのです。
利用機会が多くなると、頻繁に残高補充をしなければなりませんが、一部の電子マネーでは、クレジットカードと連携し、残高が一定以下になると自動的に残高を補充するサービスを行っているものもあります。

また、販売店のポイントカードを兼用したものもありますので、支払いポイント蓄積・確認を1枚のカードで済ますこともできます。特に、おサイフケータイは、1台のケータイに複数の電子マネー機能を持たせることが可能ですので、荷物を減らす効果は絶大と言えるでしょう。
企業のサービスポイントと連携した電子マネーでは、他社、他店で買い物をした場合でも、電子マネーで決済をすることで、ポイントが発生するものもあり、日常生活の買い物でポイントが貯まるというメリットもあります。また、一部のポイントサービスでは、ポイントを電子マネーの残高に交換するサービスを行っており、これまで以上にポイントを有効利用することが可能となっています。
posted by SHU at 23:05 | 電子マネーのどこが便利?

電子マネーの種類と分類

現在、電子マネーはさまざまな種類があり、分類基準も複数あります。そこで、電子マネーを分類基準ごとに、特徴を書いていきます。

まずは、電子マネーを運営主体別に見てみると、交通機関系、金融機関系、流通・販売店系などがあり、電子マネー運用のために作られた事業者が運営しているものもあります。

交通機関系は、大都市圏を中心に最も普及している電子マネーサービスと言えます。JR東日本のSuicaや、首都圏の私鉄・地下鉄・バスで使えるPASMOをはじめ、関西圏のJR線で使用されているICOCA、私鉄・地下鉄で使われるPiTaPa、東海圏のJR線で使われているTOICAなど、各地域で独自の電子マネーが普及しています。

金融機関系では、クレジット会社が運営するQUICKPay、Smartplus、Visa Touchなどがあります。

流通・販売店系では、セブンイレブンで使えるnanacoやコカコーラの自販機で使うCmodeなどがあります。

その他にも、電子マネー運用専門事業者が運営するEdyや、携帯電話のNTTドコモが運営するiDといったものがあります。

電子マネーをその形状で分類すると、二つに分けることができます。クレジットカード同様のカード型と、電子マネー機能が組み込まれたケータイ型です。両方とも、会計時に読み取り機にかざすことで、情報を読み取らせるという使い方は同じです。また、カード型、ケータイ型ともに、パソコンに非接触ICの読み取り機を接続すれば、自宅でインターネットショッピングをするときの決済にも利用することができます。

電子マネー自体の決済の方式にも種類があります。電子マネーに事前に残高を補充する方式を、プリペイド型といいます。これはチャージと呼ばれる残高補充を行い、常に会計金額を上回る残高を維持しながら使う方式です。残高の補充は、チャージ専用機で行うほか、ネットバンキングやクレジットカードから充当する方法などがあります。

一方、電子マネーを使った分だけ後日、銀行口座などから引き落とされる方式をポストペイ型といいます。大まかに言えば、交通機関系の多くや、nanaco、Edyなどはプリペイド型を採用しており、金融機関系やiDなどはポストペイ型を採用しています。こちらは、クレジットカードと提携していることが多く、クレジットカードの利用代金と同時に、請求や口座からの引き落としが行われることが多いです。

個々の電子マネーは、ここで挙げた分類基準を組み合わせたものであるため、それぞれに特徴が異なります。電子マネーを使う側が、自分の利用環境や決済環境を考慮して、自分にとって最も使いやすい組み合わせを見つけることが、電子マネーを有効に使用する秘訣といえるのではないでしょうか。
posted by SHU at 23:05 | 電子マネーの種類はどんなの?

おサイフケータイって?

おサオフケータイは、電子マネー機能を搭載したケータイ端末と考えがちですが、実際には、非接触ICであるFelicaチップを搭載したケータイ端末のことです。電子マネーは、おサイフケータイの機能の一部ということです。

おサイフケータイには、Felicaチップを制御する回路も搭載されているため、プログラムを入れ替えることで、Felicaを使ったさまざまなサービスを使い分けることができるようになっています。ここでいうプログラムとは、ケータイ用アプリのことで、端末に標準装備されているもの以外にも、各種のケータイ用サイトからダウンロードして利用することもできます。アプリを使い分けることで、ケータイは、おサイフになったり、定期券になったり、入場券になったりするわけです。

例えば、電子マネーの場合、現在NTTドコモの端末には、同社が運営するiDのアプリが標準装備されているので、簡単な設定・登録を行うだけで、iDで決済するおサイフケータイになります。
Edyのアプリをダウンロード、設定・登録すれば、おサイフケータイは、Edyカードと同じ機能を有することになり、Edyしか対応していないコンビニでも、レジの読取機にケータイをタッチさせて決済することができるようになります。

交通機関では、Suicaのケータイ版である『モバイルSuica』のアプリをダウンロードすれば、ケータイがSuicaやSuica定期券となり、改札を通過することも可能です。Suicaは、PASMOと連携しているので、首都圏の私鉄、地下鉄、バスもケータイで改札通過できますし、Suicaカードを持ち歩く必要もなくなるわけです。また、ANAやJALといった航空会社では、事前にWebでチェックイン登録しておけば、搭乗前手続きがケータイをタッチするだけで完了します。

おサイフケータイは、クーポン券にもなります。ドコモもauも、提携ショップの店頭で、おサイフケータイを読み取り機にかざすだけでクーポン券がもらえるサービスを行っています。サイトからクーポンをダウンロードすることや、QRコードをカメラで撮影してクーポンを入手するのに比べると、読み取り機にかざすだけなので、操作の手間が大幅に省略できるのです。さらに、取得した、クーポンは、友人にあげたり交換したりすることも可能となっています。

おサイフケータイが入場券となる場合もあります。一部の映画館や展示会では、事前予約したチケット情報をおサイフケータイに保存し、会場入り口で読み取り機にケータイをタッチさせることで、入場ができます。この場合、予約券と入場券に交換する手間を省くことが出来るし、入場券を忘れた・・・といったトラブルを防ぐ効果もあります。

さらには、個人識別に利用されることもあります。マンションやオフィスのロック解除に使われたり、オフィルや学校でIDカードや学生証代わりに利用されたるする例もあります。
とにかく便利なおサイフケータイであると認識し利用することをオススメします。
posted by SHU at 11:05 | おサイフケータイって?

Edy

ケータイへもいち早く対応を果たした元祖。
チャージ方式は多彩。


Edy

非接触型ICを使った電子マネーのパイオニアともいえるのが、このEdyで、電子マネーとして断トツの発行枚数を誇っています。(発行枚数:約2700万枚)さまざまな企業と提携し、カードタイプを発行しているほか、ケータイへもいち早く対応し、NTTドコモのおサイフケータイでは、当初Edyのアプリが標準装備されていました。現在のおサイフケータイでも、サイトからEdyアプリをダウンロードすることで、利用が可能です。

決済方式は、プロペイド型で、チャージの手段が多いのも特徴といえるでしょう。コンビニのレジなどで現金を渡してチャージしてもらう方法の他、現金で買い物をした際のお釣りをチャージしてもらう方法、専用のチャージ機利用、銀行のモバイルバンキング、郵貯からの引き落とし、さらに、ケータイのアプリで登録したクレジットカードからチャージすることも可能、Edyカードリーダーとパソコンを使ってクレジットカードからチャージすることも可能です。

利用店舗は、コンビニ各社の他、カラオケ、書店など多岐に渡っており、店舗数も多いようです。プロペイド、またはおサイフケータイでの買い物用としては、現在一番使い勝手がいい電子マネーといえるのではないでしょうか。特典の付いた提携カードもあり、ANA提携カードの場合、日常的な買い物にEdyを利用した場合でも、利用金額に応じてANAのマイルが貯まるようになっています。また、ANAのマイルをEdyの残高に交換することも可能となっています。

edy_card.JPGEdy_keitai.JPG
posted by SHU at 08:45 | 主な電子マネーカード紹介

Suica

交通系の中で普及率ナンバーワン。
駅以外の店舗にも対応拡大中!


Suica

交通機関としていち早く電子マネーを導入したのが、JR東日本のSuicaです。運賃の決済に利用する電子マネー機能を持ったSuicaカードと、それに加え定期券機能を持ったSuica定期券があります。また、おサイフケータイにSuicaカード、Suica定期券の機能を持たせるモバイルSuicaがあります。

決済方式は、原則プリペイド型で、チャージは、Suica対応券売機は駅構内にあるコンビニのNEWDAYSなどで行えます。また、残高が減ると、自動的にクレジットカードからチャージされるオートチャージにも対応しています。
モバイルSuicaは、クレジットカードとモバイルバンキングを利用したチャージがケータイで行えます。定期券に使われていることなどから発行枚数は多く、今後も拡大するでしょう。

運賃決済としては、仙台、新潟エリアを含むJR東日本圏内、JR西日本(ICOCA圏内)、東京モノレールやりんかい線などの各駅で利用できます。さらに、私鉄・地下鉄の運賃決済電子マネーPASMOとも連携しているため、首都圏の鉄道・バスの大半に対応しています。運賃以外の決済としては、JR駅構内の各種販売店、飲食店をはじめ、駅付近のドラッグストア、コンビニ、飲食店など、利用範囲が急速に拡大しています。

特典付きの提携カードも多く、中でもビックカメラの提携カードはビックポイントをSuicaのチャージに利用できるので便利です。

Suica.jpg
posted by SHU at 22:25 | 主な電子マネーカード紹介

PASMO

首都圏の私鉄・地下鉄・バスで利用できる注目のサービス

PASMO

首都圏の私鉄・地下鉄・バスの運賃決済に利用するために誕生したのがこの「PASMO」です。利用できる交通機関は、従来のプリペイド型磁気カードパスネットカードとバス共通カードが利用できた交通機関に加え、Suicaとの連携により、JR東日本などの交通機関でも利用できる。PASMOも、運賃決済に利用する無記名PASMO及び記名PASMO(紛失時に再発行可能)と、定期券機能が付いたPASMO定期券があり、基本的な使い方はSuicaと同じです。現時点でおサイフケータイ向けのPASMO用アプリはないが、モバイルSuica搭載機であればPASMOも利用できます。
決済は原則プリペイド型で、PASMO圏内の対応券売機に加え、Suica対応の券売機・ショップでもチャージが可能です。さらに、金融機関提携カードならば、残高が2000円を下回ると、自動的に3000円がチャージされるオートチャージ機能を利用することができます。オートチャージされた金額は、クレジットカード利用代金に加算されて請求される仕組みとなっています。

サービスが始まったばかりということもあり、まだ、発行枚数は少ないが、交通機関系でSuica圏内で利用できることもあり、急速な普及が予想されます。
電子マネーとしても、Suicaと相互利用可能なので、すでに利用可能な店舗数が多いが、今後は、私鉄・地下鉄駅構内、駅周辺に利用可能店舗が増えると思われます。

pasmo.jpg
posted by SHU at 09:06 | 主な電子マネーカード紹介

iD

NTTドコモユーザ向けのサービス。
対応店舗は続々増加中!


iD

NTTドコモが、自社のおサイフケータイで利用することを前提に開発したのが「iD」です。おサイフケータイを電子マネーにするための仕組みなので、カード型は存在せず、おサイフケータイにあらかじめインストールされているアプリから登録・設定を行うことになります。

決済はポストペイ型で、基本的には小額決済用の非接触・サインレスのクレジットカードだと思えばいいでしょう。そのため、NTTドコモ自身が運営するクレジットのDCMXや三井住友カード、クレディセゾン、イオンクレジットなどと、iD利用の契約をする必要があります。

利用限度額は、登録したクレジット会社の利用限度まで可能ですが、サインレスなのは1回の買い物の合計が原則として1万円までの決済で、それ以上の場合は、ケータイで暗証番号を入力する必要があります。また、三井住友銀行のATMでは、おサイフケータイをタッチしてキャッシングを行うこともできます。複数のクレジット会社と契約し、決済を分散させることも可能です。クレジット契約なので、通常は、18歳未満は利用できないはずですが、NTTドコモでは、12歳以上ならば契約できるDCMminiというプランを用意しています。これは、毎月の通話料とともに利用代金を払うシステムで、カードを発行せず、1ケ月の利用は1万円までに制限されています。

利用店舗数は、コンビニ、飲食店、スーパーなどを中心に約10万ケ所あり、利用範囲の広さは特筆できます。

id.jpg
posted by SHU at 23:59 | 主な電子マネーカード紹介

QUICKPay

金融機関系では、最も多くのユーザを獲得。
コンビニなどにも拡大


QUICKPay

JCBを中心に、数多くのクレジット会社が参加している電子マネーです。NTTドコモ、au、ソフトバンクのおサイフケータイに対応したポストペイ型になっています。

既存のクレジットカードを親カードとし、おサイフケータイは子カードとして機能する仕組みになっています。利用限度額は親カードのランクに依存するが、1回の利用金額は2万円までの小額決済に限定されています。その代わり、決済時は子カードやおサイフケータイを読み取り機にタッチさせるだけで、サインや暗証番号の入力は不要となります。おサイフケータイで使った金額は、親カードの利用代金と同時に請求され、クレジット会社の各種ポイントも発生します。

メジャーなクレジット会社が数多く参加しているので、自分の持っているカードの会社が参加していれば、新たにクレジット会社と契約する必要はありませんが、おサイフケータイを使うための登録。設定などは必要となります。、最新のau端末には、アプリがあらかじめインストールされているが、それ以外の端末では、まずアプリをダウンロードし、クレジット会社に登録する作業が必要となります。端末に登録できるクレジット会社は、1社だけなので、残念ながら決済の分散はできません。

利用店舗は、従来からJCBのクレジットカードが利用できる店舗を中心に増えつつあり、さらにセブンイレブンが今夏、サークルKサンクスが今秋、イトーヨーカドーが来年初春から対応を予定しています。

quickpay.JPG
posted by SHU at 08:17 | 主な電子マネーカード紹介

nanaco

大手流通系が独自規格で参入。
セブン銀行との相乗効果をねらう


nanaco

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどを擁するセブン&アイ・ホールディングスが運営を行う電子マネーで、本年春からサービスが開始されます。カード型のサービス開始と同時に、NTTドコモとauのおサイフケータイでのサービスも開始する予定になっており、さらに時期は未定だが、ソフトバンクにも対応する予定となっています。

1枚のカードに、nanaco独自のプリペイド方式と、QUICKPayのポストペイ方式を同時に搭載するため、利用者の都合に合わせて、どちらでも使えるようになっています。プリペイドのチャージは、セブンイレブンのレジに加え、セブン銀行の新型ATMでも行うことができます。尚、セブン銀行の新型ATMは、他社の電子マネーチャージも対応する予定となっています。

利用できる店舗は、サービス開始時には、全国のセブニレブン各店、秋以降にはイトーヨーカドー各店で利用できるようになり、QUICKPayを含め他社の電子マネーと連携することで、利用範囲を広げていくことになっています。

nanacoの利用金額に応じてnanacoポイントが発生する特典もあり、貯まったポイントはnanaco対応各店で買い物に利用することが可能です。また、JCB、ヤフー、ANAのポイントやマイルとポイントの連携をすることも決定しています。メジャーなコンビニとスーパーを抱えているだけに、注目の1枚になることは間違いないだろう。

nanaco.JPG
posted by SHU at 08:17 | 主な電子マネーカード紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。